無垢材の補修 ―隙間(表面割れ)補修―

無垢材の補修 ―隙間(表面割れ)補修―

隙間とは?
木材自体に生じる1mmほどの亀裂のようなもののことを言います。「表面割れ」とも言います。

無垢の木材は割れや反りが起こりやすい、傷が付きやすいなどの点もありますが、補修は比較的簡単で、大切に手入れすることで、末長くお付き合いいただける建材です。

補修手順
まず、薄い木端を用意します。

その木端を隙間に差し込みます。

接着剤を、木端の横から隙間に流し込みます。

接着剤が乾いたら、余分な木端をカッターで切り落としてください。

切り落とした木端のところを、接着剤痕がなくなるまでペーパーを掛けてください。
ペーパーを当て木に巻いて、全体をペーパーすると、平らに仕上がります。(加工時推奨ペーパー、150から180番)
  • 堅い木材(タモ・樺桜)の仕上げの場合、800番から1500番のペーパーを推奨します。
  • 堅い木材であっても、塗装してある場合の仕上げ用推奨ペーパーは2000番です。塗装してある場合、2000番のペーパーでも擦り過ぎれば塗装は薄くなってしまいます。強く擦らないように、手触りを確認しながら行うようにしてください。

左側が、隙間を埋めて仕上げた状態です。


補修済のところは、違和感なく綺麗に仕上がっています。
サイト内の掲載内容の無断転載を固く禁止します。 Copyright 住宅設備機器・建材・無垢建具の通販なら【OK-DEPOT】 All Rights Reserved.